房州漁民の誉れ!萬祝展

日本の染物と言えば、「友禅(ゆうぜん)」「江戸小紋(えどこもん)」「紅型(びんがた)」などが有名ですが、房州には「萬祝(まいわい)」と言う染物があることをご存知でしょうか?
房州では、江戸時代より昭和初期にかけて「萬祝(まいわい)」と言う風習がありました。大漁が複数回あった時に盛大な祝宴を開催することから、感謝する時に着用する型絵染め(かたえぞめ)の着物のことを、いつしか「萬祝」と呼ぶようになったのです。
現代では、祭り半纏(はんてん)や慶事における記念額装用などに製作されている萬祝。期間中は実物や額装の展示、小物の販売、体験会の開催等により、皆様のご来場をお待ちしております。

協力:鴨川萬祝染 鈴染(すずせん)白浜海洋美術館
※製作者による萬祝トーク&型絵染め体験会を開催します!

房州漁民の誉れ!萬祝展

講 師:鈴染 3代目 鈴木 幸祐氏・4代目 理規氏
日 時:2月24日(日) 13:00~
場 所:北土舎 店内
トーク:13:00~ 体験会:14:00~15:30
参加費:2,000円/名 

要予約制:詳しくは当店までご連絡ください。
℡090-6658-4898

房州漁民の誉れ!萬祝展” への2件のフィードバック

    1. 當時様
      はじめまして、北土舎の松村と申します。
      お返事をしておらず大変失礼致しました。システムを理解しておらず、當時様のコメントに気付くことができませんでした事、お詫び申し上げます。
      今更かとは存じますが、お返事させてください。
      萬祝は今でも制作されております。
      流石に大漁の祝い着としての制作ではありませんが、祭り半纏、額装やバッグ、小物類など多岐に渡ります。
      製作者と萬祝美術館のリンクを貼っておきます。
      ご参考になれば幸いです。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。

      萬祝制作:鈴染(すずせん) https://suzusen.wixsite.com/maiwai/untitled-c186z
      萬祝美術展示:白浜海洋美術館 http://kaibi.art.coocan.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です